仏手柑の葉っぱに…

 …というわけで猿股たけぞうですか


 最近では、珍しい植物のことを、ビザールプランツとオシャレに言うようだが、植物好きの小生も例外に漏れず、ある程度のビザールプランツというものを所有している。

 ちなみにこれは、ベランダに置いてある仏手柑という珍しい木。名前の通り柑橘系なのだが、名前の由来は、その実が手の指の形に似ていて、千手観音を思わせるところからきているらしい。
 
画像

 まだ幼木なので、今年は花は咲いたのだが結実しなかった。実がなるのは来年以降だろう。仏手柑の実がどんなものか気になるところだ。そんなわけで仏手柑の実がどんなものか見たい人はネットで調べてくれ。
 
画像

 ちなみにこれは、仏手柑がまだつぼみの時の写真だ。他の柑橘系の花同様、この後白くてキレイな花が咲く。

 ところが、花ではないが、この柑橘系の葉っぱが大好きなヤツがいる。これはそいつらに食われた後の葉っぱだ。
 
画像

 ご存知、アゲハチョウの幼虫だ。家の西側にあるキンカンも被害に遭っているが、2階のベランダに置いてもやってくる。
 
画像

 毎日、水やりの時にはチェックしていたのだが、雨が続いた日に、うっかり見落としていたらしい。
 
画像

 結構デカくなっている。ここまでデカくなると、キレイなアゲハチョウを想像して、小生には処分することができない。

 イモムシは、このまましばらく放置することにした。鳥も頻繁にベランダで休憩しているので、食べることもあるかもしれない。自然の摂理にでも委ねよう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック