本物か偽物か? 高価なハンターブーツ

 …というわけで猿股たけぞうですが


 最近のブームである野池でのヤブコギで、愛用の長靴に穴が開いてしまった。それもくるぶしの辺りだ。さすがに足場の悪いところでハードに使い続けたためか、新しいものを買うことになった。

 知人に「いい長靴を」と聞いたみたところ、「それならハンターブーツしかないね」と、あっさりと回答されてしまった。早速、ハンターブーツについて調べてみると、かなりお値段が高い。今まで使っていた長靴の、約4倍くらいの値段だったのだ。

 ところが…買ってしまった…。
 
画像

 さすがに値段が高いだけはある。 こんな立派な箱が送られてきた。
 
画像

 箱を開けてみるとこんな感じ。さすがに値段が高いだけはある。
 
画像

 色はネイビーとダークオリーブで迷ったが、結局、ダークオリーブにした。

 到着した製品を眺めていたら、友人からのメール、しかも小生を悲しませるメッセージ。

  「ハンターブーツには偽物も多いらしいよ」 というメール。小生が買うのが早すぎたのか、とりあえず買う前に知らせて欲しかった。知らなくてもいい情報だ、知らないという幸せも、この世の中にあるのを知らないのか。
 
画像

 何でも、「ロゴの文字が本物と偽物では文字の太さが違う」とのこと。ちなみに本物の方が太いらしいが…。小生には本物か偽物かはわからない。
 
画像

 「ブーツ内側のプリントを見ろ」本物はプリントがハッキリしているが、偽物はプリントがボヤけている。小生には本物か偽物かはわからない。
 
画像

 ブーツの裏側見たって、小生には本物か偽物かはわからない。
 
画像

 ブーツの足首の部分を見たって、小生には本物か偽物かはわからない。
 
画像

 ブーツを横から見たって、小生には本物か偽物かはわからない。

 まあ、前置きが長くなってしまったが、小生的には本物と認定しよう。

 ちなみに小生の靴のサイズは25・5センチ。よく身長の割には足が小さいと言われているのだが、今回はすこい大きめの27センチ。ハンターブーツ的にはUK8.0を購入した。
 
画像

 履いてみるとこのような感じ。割と長めでスマートに見える。

 長靴はピッタリサイズを購入すると失敗する。小生も以前、ピッタリサイズの長靴を購入して、長時間履いていたら足がむくんで色々と大変だったことがある。小生のように、少し大きめのものを購入するといいだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック