ソテツワラビの目覚め

 …というわけで猿股たけぞうですが

 強い日差しだった今日、水をやっている時に気がついたのだが、休眠していたソテツワラビから芽が出ていた。
 
画像

 昨日までは全く気が付かなかったが、ここに来てやっと目覚めた感じだ。成長がかなり早いなあ。
 
画像

 毎年、いつ芽が出てくるのか?気にはなっているのだが、忘れた頃にあっという間に芽を出す感じだ。
 
画像

 こちらの株は休眠せずに、冬の間からこんな感じだ。個体によっても状態は多少違うのだろう。

 ソテツワラビは葉っぱが生えてこなければ、ただの小汚ない棒にしか見えない。とりあえず芽が出て来て良かったが、今ひとつ育て方がよくわからないのも事実だ。

 水やりなどもギッバムみたいに水を切らせないようにするのが良いのか?少し水を減らしたほうが良いのか?よくわからないので、ほどほどで水やりをしている。今のところ問題ないので、そんなに神経を使う植物ではないのかもしれない。

 ソテツワラビは20年くらい前、初めて見たときの衝撃がすごかった。圧倒的な存在感で一目で気に入ってしまった。その時、ディクソニア・アンタルクティカと紹介されたのだが、後になってディクソニア・アンタルクティカではないことを知った。素人目には、パッと見似ているのだが、よく見ると葉っぱの形が違う。

 今でも現物はあまり見かけることがないため、高値で取引されているようだが、小生ももう1株欲しいと思うシダ植物だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック