木性シダ類越冬中

  …というわけで猿股たけぞうですが

  
  日に日に寒さが身に凍みる今日この頃ですが

 人間だけでなく、熱帯性の彼らにも

 大変厳しい季節になってきた。
 
 画像
























  今年は室内温室2つ体制で、寒い冬を乗り切る予定。

 ヘゴ、ヒカゲヘゴ、オニヘゴなんかは調子がいいのだが

 ギッバムに至っては、寒さに当てたつもりはないのだが

 2本とも凍傷みたいに葉っぱ全てが腐ってしまった。


  幸い、全ての葉を落として

 温度管理をしながら様子をみていたところ

 写真のように新しい葉がどんどん出てきた。

 いや~ 丈夫だね。


  他のシダも葉っぱを少なくしながら
 
 鉢全体を小さめにしていく予定。

 多めに葉を切りつめると

 予想通り、後から展開する葉が小さめになってきた。


  このまま無事に春を迎えられるといいなあ。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆゆ
2018年09月05日 13:49
はじめまして。ブログを拝見しておもしろく、大変植物の育て方にお詳しそうなのでコメントさせていただきました!我が家もヘゴを買っているのですが、お盆休みの帰省中、2泊だけだったのですが、干からびてしまい、みるみる弱り、幹もやせ細り、葉も枯れてしまいました。(´;ω;`)なんとか生きていないかと、それからかかさず葉水を朝と夜、土が乾いてないかチェックをしています。なにかアドバイスなどございましたら、教えて下さい。

この記事へのトラックバック